スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Getting Real Live Review 1

2008.04.08 *Tue
未だに動画を見てはニヤついていて、も~可愛いなぁ、この笑顔~なんて思っているうちに、孝天のコンサート、Getting Real から1ヶ月が過ぎました。もう1ヶ月というべきか、まだ1ヶ月というべきかよく分らないけど、その間、すっかり孝天はオフモード。私も、なんか今年前半の山は越えたというか、もうスルーのオフ状態(笑)。気がつけば孝天もすっかり雲隠れで、今年もそのお姿はなかなか拝見できそうにないのだけど、でも、何だかいまだにホクホクした気持ち。

しかし、そんなことは言っていられない。お約束した通り、しっかりレポしなくては。と言っても、孝天しか見てなくて他のことは殆ど覚えてないのだけど。後でみんなが「魂はいらなかったよね~」とか「品川のあの写真って」と話ているのを聞いても「え?それ何?」ってな有様で。でも、決めているのです。生孝天をこの目で見られる時は、とにかく孝天をしっかり見ようと(できれば裸眼で見たいのに、私と孝天の間に入っているレンズが憎い・・・。でも、ないと見えない)。後で覚えてなくてもいいから。というわけで私なりのレポを今日から数回に渡り超マイペースで(^_^;)お届けします。

と言っても、レポもなにも、「や~ん、かっこいい~」「可愛い~」「楽しいよ~」くらいのざっくりした記憶だけで、あとは「幸せ~」なもんで、間違い、補足等がありましたら、遠慮なく突っ込みを入れて頂ければと思います。で、みんなで覚えてることあれこれ足して、参加できなかった方にもなるべく雰囲気や楽しさが伝わるといいな、と思います。どうぞ宜しくお願いします。



<1日目、開演前>
ホールAに入ると、お洒落なジャズの音楽が。孝天の好みなのか音楽プロデューサーの好みなのか、アイドルF4のメンバー(←一応)のコンサート会場とは思えない、大人な雰囲気。それに、今回、開演前から会場の中があったかくてリラックスムードだった様な気がするのは私だけだろうか?私自身は、最初から前回の様な緊張感はなくて「孝天、今回はどんなステージを見せてくれるの?」ととにかくワクワクどきどき。日本のプロデューサーの演出とかカーペンターズとか、いろいろ情報あったけど、何も想像できなかったというか、殆どしなかったというか、すっかり孝天におまかせ状態。いろいろ考えるよりまっさらな状態で見たいという気持ちと、とにかく見せてもらおう、楽しませてもらおうという気持ちで臨んだ一日目。でも、時間が近づいてくるとやっぱりちょっと緊張感が・・・。そーだ、天ボード用意しなくちゃ・・・え~っとメガネ、メガネ。オペラグラスも出しとく?あれ、何か手が汗ばんできた~。

そして、開演のブザーが鳴り、ライトが消えた。きゃ~、はじまる~~~~!!


<オープニング:晴天>
ステージのスクリーンに映し出される孝天のシルエット。今回もオープニングは日本語のアカペラだ。♪もすこし早く~キミに会えたら~♪ちっとも違和感のない綺麗な発音、そして、滑舌の良さは日本語でも同じ。私はと言えばそれが何の曲か全く気がつかない(笑)。バンドの前奏がはじまって、スクリーンが上がり、孝天が悠々と階段を降りて来る。デ、デカい~~~!!しかも、大きなスクリーンに映し出されるそのお顔は、そ、育ってる~~~。やってもーたな、孝天・・・。日本食はそんなにお口に合いましたか?でも、その笑顔は素晴らしく輝いている。そして、登場と同時に垂れ流されるフェロモンに、育って様がどーなって様が「や~ん、かっこい~」。会場の天迷は、もう孝天がいるだけで嬉しい~な状態。孝天の笑顔も嬉しそう。会場の雰囲気は、なんか熱いんだけど、熱過ぎない丁度いい熱さのお風呂の中って感じ。孝天、お帰りなさ~い!!そして、中国語で唄い出してやっと「晴天だ~!!」←遅いって(笑)。

GR1.jpg


<ご挨拶~ La la la ~MC+F3からのメッセージ>
1曲目が終わり、孝天から英語と中国語、そして日本語で短いご挨拶。「はろ~。大家好。みなさん、こんばんは。はははは。It's very nice to see you guys here...」ここで早くもあの「はははは」という笑い声が聞けて、「孝天だ~(←当たり前)」。そして、「次の曲は"La La La"(このラララの言い方が可愛かった。笑)」と言って曲へ。足を前後に開いてアキレス健を伸ばす様な格好で、どっしりと腰を落して唄う孝天。2005年に見た若々しい "La la la" とは、いろんな意味でちょっと違うけど、基本は同じ(笑)。のっけから盛り上がる曲で何だか既に楽しいぞ~。孝天もノリノリ~。

ここで又、「又、みんなに会えて嬉しいです~」と日、中、英でMC。そう、今回は孝天は1人でトリリンガルでセルフ通訳。実際は、イヤフォンを通してヘルプして貰ってたけど、だけど、全部自分でやろうというその姿勢と努力に感動。たどたどしくても、教えて貰ってても、滅多にお耳にかかれない、孝天の日本語が沢山聞けて、これも迷には嬉しいサプライズ。通訳が入るより絶対いい。ヘルプしてた通訳さんが女性だったのか、ちょっと可愛い日本語もツボだし、イヤフォンの声を聞きづらそうにしてた顔も、これまたツボ。

そして、「つぎは、F4のニューアルバムの、うたを、うたいます・・・」と日本語で言ったところで「スクリーンに注目~」でF3がスクリーンに。それぞれのメンバーから「孝天、加油」のメッセージが。そのF3を見る孝天の優しくて嬉しそうな笑顔を見てると、F4の関係って本当にいいんだなぁ~と実感できて幸せ~な気分に。昔から何かと孝天に絡んでからかう仔仔には、首を振りながら「やれやれ」な笑顔。孝天もF3が大好きなんだね(涙)。



<愛不停止~上着ぬぎぬぎ~無所謂>
「愛不停止」は最近の孝天の代表曲と言っていいと思うけど、本当にいい曲。孝天の声にも合っているし聞いてて心地がいい。この曲を初めて聞いてから、1年。又、同じ場所で聞けるとは思ってもみなかったなぁ。今回の孝天は声がよく出てるし伸びもあって、かなりの仕上がり具合。たま~に昔の様に音が浮くところもあったけど、ほとんど気にならないし進歩がしっかり聞いてわかる。そして、バンドの音もいいんだなぁ。うっとり。

そして、曲が終わりここで上着を脱ぐ孝天(でしたよね?)。立派な腹まわりがあらわに・・・。でも、そんな孝天がとっても愛おしい(←病気)。アイドルとしてはあるまじき体格だけど、それでもいいの、だって孝天だから(←意味不明)。そして、曲は又、F4の新アルバムから"無所謂"。孝天、また、ロックなリズムに踏ん張ってこぶし握って(←イメージ。笑)熱唱。

次は早くもお待ちかねの英語曲コーナー、カーペンターズメドレーへ。

<カーペンターズメドレー>
「きょねん、ビートルズの曲をうたいましたね」(はい、うたいましたよ)「こんかいは違うグループの曲を紹介します」(は~い、待ってました~、カーペンターズ!!)、ってな感じでスタートしたカーペンターズコーナー。孝天は、7歳(だったと思う)の時にお母さんに貰ったテープに入っていたのがカーペンターズですぐに夢中になったということ。私は小学生の時、初めて買った洋楽のEPがカーペンターズの"Yesterday Once More"で、意味は分らなかったけど、聞こえた通りにカタカナで仮名をふって唄ってたっけ。孝天の歌声できく♪every shalalala every wow wow♪は格別なものが。初めてカーペンターズを聞いてから、巡り巡って○十年後にこんな日がこようとは。私の運転する車の助手席にのったおばあちゃんの「まさか孫の運転する車に乗る日がこようとはねぇ」な気分。は~、長生きするものねぇ(おいおい)。そして、このコーナーの間、後ろのスクリーンには孝天が今回の日本滞在中に撮った写真たちが・・・。

今回、孝天がカーペンターズを唄うと知って、一体何の曲を唄うんだろう?と思っていたらヒット曲メドレーで攻めてきて、おまけにどれも(日本人が好みの)お馴染みの曲ばかり。う~ん、マイナーやメジャーマイナーばかりじゃないところが本当の音楽好きを感じさせるなぁ。きっとメジャーであろうが、マイナーであろうがいいものはいいってスタンスなんだろうなぁ。でも、孝天の英語曲の選曲とカヴァーは本当にいい。もう、是非、是非、英語曲カヴァーCDを出して欲しい。そして、会場が大いに湧いた「プリーズミスターポストマン」の振りも素晴らしかったと書いておきましょう(笑)。

カーペンターズメドレーが終ると、一番前の席にいた小さな子が気になってたらしい孝天は、「大丈夫?眠い?ごめんね。For adults only。へへへ」と自然な日本語で語りかけてました。

そして「みなさんにサプライズをあげたいです」と次の曲"情非得已"を紹介。えーえー、もう何でも頂きますとも~。

<情非得已~レイニーソロ:曖昧+Can You Celebrate>
レイニーのコンサートでもそうだったけど、孝天の声で聞く「情非得已」はいつ聞いても本当にいい。それに、レイニーのコンサートの時より高音が綺麗に出てた気がする。ファンだからかも知れないけど、どんな曲も孝天があの声と唄い方で唄うとオリジナルとは違った良さが出て、何でも孝天の曲でもいいんじゃないの?と思ってしまうくらい。って、こうやって書いてると全部「本当にいい」ばかりだけど、本当に全部、本当に良かったし(←ややこしい。笑)。そして、間奏で「My Sister、Rainie~!!」と言う孝天の声でレイニーが登場。レイニーは「my お姉ちゃん~。あ、違うね、アニキ~!!」(レイニー、どんなに綺麗でもあんなデカイお姉ちゃん、わたしは嫌よ・・・)。レイニーは以前と比べると顔から幼さがぬけ、すっかり大人の顔に。そして、レイニーと並ぶと孝天のデカさが強調される。レイニーコンサートの時の孝天、本当に細くて美男子でした。勿論、今も美しいけどね。あっちもこっちも、別物として大好きだし。レイニーは自分のデビューCDから「曖昧」と大好きだという安室ちゃんの "Can You Celebrate"。途中で「一緒に~」と言われたけど、う~ん、ちょっと世代が違うかなぁ。やっぱりアニキくらいの選曲が会場のお姉さんたち(何か?)には合ってるのよね~。ごめんね~。でも、この曲きっといつかどこかで唄いたかったんだろうな。にしてもレイニーの舞台度胸は大したものでした。



そして、コンサートは中盤の山場(って、迷にはどこもかしこも山場だらけだけど、多分、孝天にとっては最大の山場だったに違いない)『和の魂の世界』へと突入して行くのでした。

そして、この1枚・・・。


唄っているだけなのに・・・


To be continued...
COMMENT : 12

COMMENT

遅くなりました~
>みなさま
レス&続き遅くなってすみません~。何かもうまったりしてしまって、心が満足しきってる状態なもんで。充実してると何もしなくてもいい、みたいになっちゃうんですねぇ。不思議です。

>MJマニアさん
私は正面にいたんですけどね~(笑)。


>mikenekoさん
そのまま素直に入って来る綺麗な日本語でしたよね~。孝天の性格そのままって感じで。


>めりいさん
私も、今こうやって思い出しながら書くだけでもワクワク、ほくほくです(笑)。


>kikoさん
楽しかったですよね~、本当に。で、そろそろ熊の森の住人?(笑)いつでも定住できる様に一部屋空けときますね(笑)。


>のんのさん
そうそう、全てが素敵だったんですよね。何と言われようとそうなんだから仕方ないです。


>ニイーはぁおさん
そうですか、楽しんで頂けて何よりです。良かったらここで戻れないところまで行っちゃって下さい(笑)。


>maemamaさん
普通の生活には戻れてるのでしょうか?それとも昨日の「シーポップわー」で又、引き戻されたかな?


>ABBYさん
魂は戻って来ました?私は行ったり来たりです~。


>Ken四郎さん
そうなんですよね、誰もが楽しめる素直な選曲だったんですよねぇ。観客を中心に考えてくれたのが嬉しいです。


>yosshiyさん
私、コンサートのあの暖かさは、孝天本来の人柄だって思ってます(笑)。「和太鼓」、孝天が叩いてるの見て自分でも叩いてみたくなりました。天迷魂で・・・(笑)。


>ぴーさん
初めまして。初コメント有難うございます。本当に、去年も良かったけど今年はそれを上回ってましたよね。孝天フェロモンは、最初、やられたことに気づきませんからね~。後からジワジワ来るんですよねぇ。






2008/04/26(土) 00:15:13 | URL | 舞美 #.jktkl5w [Edit
はじめまして
舞美さん、レポありがとうございま~す!!
(愛しの孝天のお話に触れたくてしょっちゅうおじゃまさせていただいてますが、、、はじめてカキコさせていただきます)
今回のコンサの後は、ほんと、私しばらく「変に」なりました(笑)。
ファーストコンサの時はそんな風ではなかったのに、、、一体自分に何が起きたのか??って感じで、何かにあたったような感じでぼぉ~~~~~の日々が続き、時には涙も出たりして。
これが孝天の毒、あ、いや、フェロモンにやられるってやつなんですね。
レポの続きも楽しみにしています!!
2008/04/15(火) 05:30:53 | URL | ぴー #- [Edit
教科書通りです~~。
舞美さま
レポ、ありがとうございます~~。
楽しみにしています~と言っておきながら、コメントが遅くなりました(笑)。
本当に、舞美さんのレポを読みながら、今でも幸せな気分に浸れます。
とにかく、「晴天」から、大量放出フェロモン(笑)と、日向ぼっこしている時のような暖かさに包まれて、完全にヤラレました。

で、今年中学に入学した長女の音楽の教材に、「和太鼓」について学習するページがあり、見てみると、「和太鼓」の種類から、バチの握り方、構え方や叩き方が載っておりました。
そう、あの日の孝天は、まさに教科書通り、基本に忠実に叩いておりました。
どうせなら、教科書に孝天の写真を使ってくれれば・・・なんて、バカな事を考えてしまった母でした(爆)。
2008/04/14(月) 15:54:21 | URL | yosshiy #6rmHd1EM [Edit
さすが舞美さん、よく覚えてらっしゃいますね~。私なんて最初の曲が「晴天」だってこと、後でリスト見て気付いたんですよ。でも妹に「めっちゃ、歌ってた。それも中国語のところだけ」と、言われましたわ。何も考えず、勝手に反応してたんですね^^; だけど今でも、日本語の歌声はしっかり耳に残っています。今回はノリのいい曲が多くとても楽しかったですね。孝天オリジナルを殆ど知らない妹も、カーペンターズメドレー、レイニーコーナー(情非得已、曖昧はドラマで知ってました)太鼓、ジャスメドレーは楽しかったようです。 私も"Yesterday Once More"は、初めて覚えた英語(というかカタカナ)の歌で、懐かしかったです。カーペンターズの時は結構周りの方も口ずさんでおられましたね。素直ないい選曲で本当に良かったと思います。
では、続きを楽しみにしてますね~♪
2008/04/13(日) 17:43:29 | URL | Ken四郎 #- [Edit
あああ・・・
舞美さんのレポ楽しみにまってました!!ありがとうございます。
BUTレポを読むとまた・・・あの日に自分の魂がもっていかれ・・・社会復帰できそうにありません(爆)・・・・

まだ1ヶ月・・・いやもう1ヶ月かああ・・・・まだまだ幸せで満ち足りた気分のABBYです。

しかし本当になんなんだろうなあ・・・この感覚・・・うまく説明できないんですけど・・・あの日の笑顔の孝天を思い出すと嬉しいのとなぜか涙する自分と(笑)へんな感じです。後半レポ楽しみにしてまーす
2008/04/13(日) 04:08:34 | URL | ABBY #- [Edit
ついにでましたネ 舞美さんのレポ 楽しみにしてたんです。 
そろそろ普通の生活に戻ろうかと思っていたら 引き戻されました。いつまでも浸っていたいですけどね あの声に・・・・。
「禁止ワード」 私も拒否られました。
いまだ耳に残っている 「晴天」のあの日本語でしょうか。それとも・・・
孝天のフェロモン?・・・なんでしったっけ〔ウッフッフ〕
2008/04/13(日) 02:39:33 | URL | maemama #- [Edit
わたしケンちゃん迷ではなかったの。ジェリーが何もしないから、ケンちゃんのコンサでも行こうかと出かける日までは。去年ヴァネスコンに行ったけど、ずーっとよかった。ヴァネもスキだけど、声といい音楽の好みといい、ハマッタ。今では、ファンクラブ員です。
みなさんおしゃるように、声がいい。毎朝聞いています



2008/04/12(土) 00:19:16 | URL | ニイーはぁお #- [Edit
こんにちは♪
ちょっと忙しくて久しぶりに覗いてみるとレポが・・・嬉しいです。

華流スターNOW!の素敵な孝天をチラチラ見つつ読ませて頂きました。
言葉にならないところもよ~くわかりましたよ。
とにかく素敵だったんですよねv-238
たとえ体がお顔がワイドに成長していようとも・・・実は
遠くの席からでもよく見えるようにって演出だったのかもしれませんよねv-8
つづきも楽しみにしています。
2008/04/11(金) 10:16:38 | URL | のんの #DhuRAo1g [Edit
楽しい~!(´∀`*)
舞美さんのレポ、本当に楽しみにしていたので、嬉しいです~!
もう「可愛い~」「幸せ~」な記憶で十分です。

最後の1枚・・・
ホント唄っているだけなのに、色んなものが
垂れ流されて(笑)いるような気がします・・・

この先も楽しみにしていますね~(*^ω^*)
P.S. 「魂」、なんだかすごく覚えています・・・

P.SS. kikoのコメント、「禁止ワード」が含まれているらしく・・・
     何度か入れ直しました(^^;
     何がいけなかったのでしょう?孝天のフェロモン?
2008/04/11(金) 00:33:27 | URL | kiko #wF.aV77g [Edit
細かいところまで「そうそう、そうなの、そうでした♪」。
あれから一ヶ月経つのですね・・・改めてわくわく♪有難うございます。
将来自分のいろんな記憶がなくなる日が来たとしても(・・・)、
このほんわかしたワクワク感だけは甦ってきそうな予感さえあり(いえ、なんの根拠もないですが)。
それにしてもヨロコビの持続性高いですよね、孝天コンサ。
昨年コンサに引き続き、まだまだ湯冷めしそうにありません。
2008/04/10(木) 11:02:23 | URL | めりい #- [Edit
ホントに!
舞美さん こんばんは~
本当に全部、本当に良かったv-218
そのとおりです 
未だに晴天の日本語が・・
すっごい幸せな時間でしたねっ
2008/04/09(水) 23:55:39 | URL | mikeneko #- [Edit
そうそう!
初日、本当に一番右端の席だったので、終了後のみなさまの「魂」の話題についてゆけずに、ヒジョーに寂しい思いが・・・。
翌日比較的センター位置に座って初めてわかったのでした、「魂」が・・・。
良くは覚えておりませんが、センターのスクリーンと右のスクリーンに写る映像が異なっていたように思うのです、少なくとも初日は・・・。
なので、センター位置の方々とは違う角度のKenちゃんを見てたかもしれませんです。
ま、どっから見てもよかったはずだが(爆)
2008/04/09(水) 15:17:58 | URL | MJマニア #MFc8ausY [Edit

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

舞美



最新の記事



最近のコメント



カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



カテゴリー



リンク



ブログ検索



Copyright © 孝天マニア All Rights Reserved.
Font from あくび印 Designed by サリイ  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。