スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謝謝~

2008.11.09 *Sun
私の「ぶっちゃけた話」に忌憚のないコメントを下さった皆さん、どうも有り難うございました。私があれを書いたのには、それほど深い意味はなく、ただ、あれほど楽しみにしてた、そして、あんなに楽しかった日本公演に、実感が持てないのは何故だろう?と思って、考えたり、友人たちと話をしてて出た私なりの結論1つのだったんです。それも、確信的なものではなく、かなぁ?くらいの感じで。だから、みんなはどうだったのかなぁと。

孝天については、どうしてもソロコンサートのイメージが強過ぎて比較してしまうんでしょうね。それはもうどうしようもないです(笑)F4の時の孝天は以前からあんな感じだったし、ある意味いつも通りで。だから、阿旭や仔仔ももしソロコンサートをやっていたら、又、感じ方が違ったのかも知れないな~と思ったり。でも、今年、既にだめだめ天迷に成り下がっている私には、そこに孝天がいて歌ってるだけで嬉しかったし(笑)あの歌声だけでも本当にため息で。欲を言えばもっと沢山ソロ曲を聞きたかったけど。迷だからいろいろ思うし、欲もあって当然だし。

とにかく、とっても楽しかったのには間違いないわけで、その思い出を胸に、老後を迎えた時「あの時、孝天と仔仔がねぇ~」とか誰かに向かって毎日同じことを幸せな気分で話せていたらいいな、と思います(笑)。
COMMENT : 4
CATEGRY : 孝天マニア

COMMENT

上手く言えませんが(しかも出遅れコメ・汗)、

『天迷』としてコンサに臨んだ自分が、
『F4迷』としてこのコンサを観だした瞬間から、
霧が晴れだしました。

舞美さんの感想を読んで、
やっぱり『天迷』だと確信しました。

あの場所で感じた『心地良い時間』はス-にも迷にも
『夢叶った夢の時間』だったと思います。

本当に上手く言えずにごめんなさい。
舞美さんに謝謝。
2008/11/16(日) 16:52:31 | URL | 亜季 #- [Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/11/11(火) 10:05:39 | | # [Edit
夢か真か・・・(笑)
こんばんわ。久々にコメさせていただきます~

7天、チケ申し込みからあまりに待つ時間が長く、始まったらアッという間に終わった。。そんなかんじです。
あれは現実だったのか~そう思えてたりもして。

四人の個性あふれるソロステージ、そしてなによりもスーのじゃれあうほほえましい姿。
現実味がないのは、あまりにも盛りだくさん、豪華すぎて食べつけないフルコースを食べたせいか・・・・
(そうなると、天ソロは定食???)

部屋の片隅につるしてある黄色い風船が、スーコンに行った事実を私に実感されてくれてます。だいぶしぼんではいますが。。。
(3日初日のものです~)
2008/11/11(火) 01:51:37 | URL | sumi #MgIxvhDQ [Edit
出遅れました すみません
舞美 様
コメ出遅れましたABBYです。
そーですねえ・・天迷として あのソロコンオーラーを浴びまくっている我達としては、たしかにF4であるときの殿のスタンスとソロコンの時の天のスタンスって違うのかもしれないですねえ・・・しかし、〔じゃれる4人の中にいる孝天〕をもう見る機会がおそらく少ない、いや最後かもしれないと考えると、やっぱり舞美さんのおっしゃるよーに、いい夢みせてもらったなあといま1ヶ月をこえても、感謝感謝の7日間だったなあ・・・と思っております。さあ・・・次に殿が迷の前にお出ましになるのはいつなのでしょうか?? いつもみたいに気長な〔待て〕時間が天迷には始まりそーですが・・・(笑) 待てば待つほど 期待を裏切らず、必ず迷に何かを返してくれる孝天ですので(笑)おとなしく待っていることにしまーす。
2008/11/10(月) 11:01:51 | URL | ABBY #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

プロフィール

舞美



最新の記事



最近のコメント



カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



リンク



ブログ検索



Copyright © 孝天マニア All Rights Reserved.
Font from あくび印 Designed by サリイ  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。