This Category : 映画・ドラマ・舞台

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BATANES in アジア海洋映画祭 イン 幕張

2008.09.08 *Mon
行って来ました。「バタネス」を見に。お馬鹿な私は3回とも参戦でした。会場は海浜幕張駅のすぐ目の前。や~ん、孝天が大きなスクリーンで見れる~。うきうき~。今思うと、あまり映画の内容については考えてなかった様な(笑)。だって、孝天をスクリーンで見るのは、六本木でみた「SOL」以来だもん♪

AMFF1.jpg
会場は海浜幕張駅のすぐ前
画像はクリックすると大きくなります


フィリピン迷情報によると、前半は出演がないということだったのでそこらへんは退屈しないかと心配でしたが無問題。やっぱり前半がないと孝天出演部分と孝天の ラブシーン シーンに繋がって行かないし、納得の内容で。1回目、2回目はちゃんと全部見れたのだけど、さすがに3回目は前日の寝不足もあって前半は半眠。でも、孝天の登場シーンは嵐が来るので、それで目が覚めるだろうと・・・。

AMFF5.jpg AMFF6.jpg
プログラムから

映画自体は、淡々としていたけど、思ったより飽きずに見れました。勿論、孝天が出ているからというのが大きいですが、前半もそれほど退屈ではなかったし、「フムフム」という感じで。トーンとしては、イタリアやアメリカの客観性のあるアート系(?)のロードムーヴィーを思い出したというか・・・。私個人は別に違和感のあるトーンではありあませんでした。でも、ハリウッド映画がイメージにあったのか、もっとドラマチッックなものやロマンチックなものを想像されていたのか、内容に不満だった人もいた様。いろんな前情報で期待が大きかったのでしょうね。実は、フィリピンで公開された時、賛否両論というか、天迷以外からは結構厳しい意見も出てたし、天迷も孝天のことは書かれていたけど、映画自体についてのあまり詳しいコメントはなく、そういう情報があった為か、私自身はあまり期待はしてなかったのでそれが良かったのかも知れません。というか、ぶっちゃけ、最近、孝天が見れればそれでいい的ダメダメ迷なところもあるし(笑)。

ただ、この映画を孝天抜きでも見るかと言うと見なかったと思うし(監督さん、ごめんなさい)、内容もBatanesの風景(これも、もっと違うものを想像してたけど)と初めてのフィリピン映画という印象しかなかったかも知れません。ストーリーは編集がどうなってるのか、パムとカオが恋愛感情を持つまでのプロセスがよく分らなかったし、唐突な感じのシーンが結構あって、あのシーンは何だったの?どうしてそうなってるの?という部分はありました。でも、俳優さんたちは個性もあって良かったと思います。演技も大げさじゃなく自然だったし、特にリコの両親と従兄弟のエマヌエル(だっけ?)は上手いと思いました。そういう演出だったんだと思うけど、そういう(私が見て)いいと思った部分も、物足りないと思った部分も、いろんな意味でそれが「監督の腕」ってことでしょうねぇ。わざとらしくないリアルで静かなトーンで撮りたかったのは分るけど、ティーチインで言ってた様に、「初めての大掛かりな映画だから知名度のある俳優を使いたかった」のだったら、せっかくのキャスティングだったので、もうちょっと起伏のある展開があれば、商業的にもうちょっと成功したかなぁと思いました。ラストは、カオが戻って来るという前提のわりには、涙の別れ的演出で・・・???ただ、あのラストは見る側が自由に解釈すればいいんだと思います。戻って来るかも知れないし、戻ってきたいけど子供のことを考えるとそれは果たせないかも知れないし。パムとカオが出会って愛し合えたことを考えるとハッピーエンドなのかなって。二人にとって必要な出会いだったってことなんだろうし。

肝心の孝天の演技ですが、演出もあるのだろうけど、フィリピンでの評論家の評価にもあった様に「OK」という感じでした。決して間違った方向性ではなかったし、映画に忠実だったと思います。ただ、感情を言葉で現したりするのは苦手なのかな?という感じで、逆に言葉はなく目や表情で見せる表現は(私的には)素晴らしかったです。とにかく喜怒より哀楽がたまりませんでした。せつな顔は絶品でした。そして、勿論、笑顔も。

で、余談ですが、パムの義理の妹(?)は色黒の李冰冰って感じでした(本当に似てたし~。笑)。

AMFF3.jpg AMFF4.jpg
 監督さん&監督さんから頂いたサイン


ティーチインでは、関係者席に座っていた方が質問をされてましたが、孝天についての質問が中心だった様な。「もさい」と言う枕詞が自然に出て来るところからすると、やはり天迷?

映画の後、ちょっとだけ監督さんと話す機会がありました。いくつか質問をしたのでご紹介。

Q:新作の予定はあるんですか?
A: 今のところまだありません


Q: 監督と編集はどっちがいいですか?
A: (とても難しそうな顔をして)う~、やっぱり監督かなぁ。自分にとって新しいことなので新鮮だし。

監督は編集をやってた方で、Batanesが初監督作品らしいです。編集は女性の方がやったそうですが、思っていたのとは違ってた部分もあったけど女性ならではの感じで良かった、という反面、自分だったらこうしたんだけど・・・みたいなものもあったのかなぁと。

Q: (日本でのことはおいておいて)フィリピンでのDVDの発売の予定は?
A: 過程にあります。でも、やっぱり最初はスクリーンで見て欲しいので・・・。

フィリピンのDVDでも日本のDVDでも、DVDがリリースされると今は世界中どこからでもネットで購入できるし、みんなそっちを見てしまうから、まず劇場公開を目指すため、ちょっと時間をおきたいのかな?という印象でした(まぁ、その通りなんだけど)。劇場公開は、ちょっと難しいそうな感じが・・・。私個人の意見だけど。
COMMENT : 19

Review "BATANES"

2008.09.02 *Tue

妄想で鍛え、画像で我慢していたイメトレばっちしシーンの数々が見れる・・・


COMMENT : 5

思い出の・・・

2008.06.15 *Sun

「Batanes」出演は去年のサプライズの一つだった
この映画撮影中の孝天はいろんなことから開放されて
本来の自分を取り戻した様な笑顔だった

外圧を受けてなくて、自然のいろんな感情を形にした様な場所
それがこの画像から受けたBatanesの印象
この土地と孝天って、とても合ってるし似てる様な気がする

It is like a lost paradise

いつか訪れてみたい場所です



関連記事

「映画でも野性化」

「うごっ」

「BATANESの休日」

「孝天、飛び込む」

「もっさくて良かった・・・」

「孝天、アダモステ?」

「BATANES-予告編 1」

COMMENT : 4

昨日の「シーポップわー」

2008.04.25 *Fri
やっと孝天コンサートの模様が放送された、昨日の「シーポップわー」。いや、良かった~「愛不停止」が聞けて。Vlogで「晴天」は見れたけど、「愛不停止」は見れなかったから。も、最高~。本当に声がいいなぁと聞き惚れてました。CDもいいけど、やっぱりLIVEはいいなぁ。それに、あの笑顔。は~。もう本当に、最近の私は初心者迷に戻った様な気分でひたすらラブ~(笑)。

私、「Getting Real Live」以降、すっかり満足しきっちゃって、もうまったり(まったりし過ぎって話もあるけど。笑)。何なんだろうなぁ、この充実感の継続。孝天、お出ましがないけど、あまり気にならないし・・・(って、それはアーハオがいるからか・・・。ってことはアーハオで誤摩化されてる?いや、それでも十分だわ)。

そう言えば、あのコンサートで孝天落ちした人が結構いるとかあちこちで聞くのだけど・・・。本当かなぁ?だとしたらお仲間増えて嬉しいけど・・・。やっぱり孝天は生に限る、だよね。とにかく生見て頂ければ、ある程度、その全身が纏っている何かを感じれると思うし、歌声の魅力もCD以上に分ると思う。ただ、好き放題の自由奔放な体型のままで落すことができる孝天は凄いけど(これもフェロモンのなせる技?)、今後、その実直さと奔放さに、どのくらいの方についていって頂けるかが問題だよなぁ。ファンサービスが宜しいF3と比較すると、かなり厳しいイバラの道だし・・・(「孝天マニア」、頑張ってサポートします)

でも、きっと孝天は今、充実してるんじゃないかな。孝天のLIVEを見てると、それがなんとな~く伝わってきたから、私たち迷もまったりしてられるんじゃないかな?なんて思ったりして。兎に角、来週の「シーポップわー」も楽しみ~♪


追記:
コメレス、遅くなってすみません。明日、レスしますので、もう少々お待ち下さいませ。「Getting Real Live Review」の続きも明日、アップの予定です。


COMMENT : 6

BATANESの休日

2007.12.13 *Thu
MOB_3.jpg

COMMENT : 11

Memorable time

2007.12.11 *Tue


COMMENT : 3

BATANESプレミア報告&感想

2007.12.06 *Thu
12/7 2:00 追記有り
12/6 22:27 追記有り
12/6 12:33 追記有り



COMMENT : 8

楚留香 12月10日放送開始?!

2007.12.04 *Tue


COMMENT : 6

プレミア直前に・・・

2007.11.29 *Thu

The magazine pics credit to joeyreyes

COMMENT : 4

間もなく放送開始?!

2007.11.17 *Sat

COMMENT : 12

プロフィール

舞美

  • Author:舞美
  • <孝天近況>
    台湾のF4のメンバー。去年、10月にF4として初の日本公演を開催。今年1月に新CD「Getting Real」を発売し、3月には3年連続となる日本でのソロコンサートも開催。現在、台湾でドラマ「桃花小妹」が放送中。又、中国で舞台初主演の「他和他的兩個老婆」がツアー中。12月1日より日本で主演ドラマ「楚留香」が放送開始。趣味は料理と音楽、中国武道(太極拳etc)、サーフィン。



最新の記事



最近のコメント



カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



カテゴリー



リンク



ブログ検索



Copyright © 孝天マニア All Rights Reserved.
Font from あくび印 Designed by サリイ  |  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。